STORY OF CHALLENGE

KUSUDA'S 
CASE

楠田 匠さん

2016入社第三営業統括第一営業部第2エリア 所属

入社時どのような志、ビジョンを持っていましたか?

学生時代特に勉強を頑張ったや胸を張れる経験はほとんどしてこなかったのですが、就活をしている際に、マネジメントを行う職につきたい、それも若いうちからやってみたいと思い、早いうちからチャンスがもらえると説明があったCRTMを選びました。そして新卒で入社した同期の中で誰よりも早く昇格をし、人を率いてマネジメントを行えるようになると意気込み入社しました。結果半年でTRという役職につくことができ更には入社1年でSVという役職に新卒最速で昇格ができました。

入社後初めてした挑戦はどのようなものでしたか?

入社後2ヶ月は研修期間として新卒の同期と同じ部署で通信のアウトバウンドでアポがけを行っておりました。1ヶ月目はがむしゃらに頑張ったものの同期の中で真ん中辺りの成績でした。ずば抜けて成績がいい同期がおり、絶対に負けたくない、トップを取ってやると奮闘し、どうやったら取れるのかを考え責任者にとれるコツを聞いたり、責任者の架電の真似をしたりしました。そうすることによって2ヶ月目は、なんと同期の中でトップの成績をとることができました。これが入社後初めてした挑戦でいい思い出となっており、苦しいときはこの初心に帰っております。

入社後から現在のキャリアに至るまでで一番苦労した点、また最も大きな成果はなんでしたか?

早くから責任者になれたものの、様々なOPさん達のマネジメントをしなくてはなりません。自分よりも年上のOPさん達にどうマネジメントをすればいいのかと苦悩することがありました。強く言ってしまうと年下の自分に言われたらいい思いはしないだろうな、かといって指摘もしないのは数字を追っている中で問題なのではと非常に難しい問題でもありました。何気ないコミュニケーションを通じて、OPさんと向き合い、責任者として上からなのはいけないですが、OPさんにリスペクトしつつ指摘することで付いて着てくれることが分かりました。やはり仕事は人間性に惹かれて成り立つというのも実感しました。

現在の仕事の内容と今後目指すビジョンについてご教示ください。

現在、通販のインバウンドの事業部にて、新人さんたちの教育担当をさせていただいております。派遣先等から入社してくる新人さん達に会社概要、通販についてや話し方の研修等を主に行っております。コールセンター経験のない新人さんももちろんいらっしゃるので研修を通して新人さんの成長していく姿を見れるのが自分のように嬉しくモチベーションに繋がっております。今後としては大勢の新人さん達に向けた研修を通してコミュニケーション力を磨けており、それを活かしていくのと同時に教育担当として自分しか出来ない事を模索していこうと考えております。

  • ENTRY INFO

    採用情報について