STORY OF CHALLENGE

KOMATSU'S 
CASE

小松 茜さん

2018入社第二統括 第一営業部

入社時どのような志、ビジョンを持っていましたか?

CRTMの説明会を通じ、先輩社員が話す目標や夢を伺い、年齢や経験に関わらず、たくさんのチャンスを与えてくれる環境に魅力を感じました。私は当時「社会人として色んな経験や知識を増やしたい」と漠然と思っており、具体的なビジョンのない自分に少なからず焦りがありました。入社を決めたのも、明確な目標を掲げ、自信に満ち溢れているCRTMの先輩社員に感化された事がきっかけです。「常に自分がどうしたいのか、どうなりたいのか」意識し、失敗をしても諦めることなく学び続けようという意思決定し入社に至りました。

入社後初めてした挑戦はどのようなものでしたか?

入社してすぐオペレーターとして業務を行う中で目に見えないメリットをお客様にお伝することの難しさにぶつかりました。なかなか、獲得に至らないという不本意な状況の中でも、自分自身に何が足りてないのか、振り返ると自分なりにサービス知識やなお客様の状況やニーズを伺うヒアリングや提案ができてないと感じ、いろんな切り口で案内することに挑戦をしてみようと考え、お客様が疑問に思うだろうと想定されるすべて応えられるように知識を詰め込んで、最善を尽くすことに懸命になりました。その試行錯誤や悔しかった日々が営業として成長させてくれたと思いますし、今でも常に新しい課題に挑めることの楽しさややりがいに繋がっています。

入社後から現在のキャリアに至るまでで一番苦労した点、また最も大きな成果はなんでしたか?

2年前の東京支店立ち上げに関わったことです。開設当時、10名弱のオープニングスタッフと全くの0からスタートしました。センターを運営するまでに研修や調整に日々が追われ、非常に大変な部分もありましたが、ようやくスタッフがお客さまへのご提案から受注まで至った時にはみんなで喜びを分かち合うことができました。大変な時期を乗り越え、スタッフにとっても、自分にとってもひとつ、ひとつ成し遂げた分、大きなやりがいと成長の手ごたえが得られた瞬間であり、この達成感は忘れることのできない大切なものとなりました。

現在の仕事の内容と今後目指すビジョンについてご教示ください。

マネジメント業務全般を担い、組織の運営や人材管理、クライアントとの折衝などが主な業務になります。日々業務をスムーズに進めるためにはどのようにすればいいのか試行錯誤の連続です。今後は部下や従業員に対して一人ひとりの主体性尊重しながらもポテンシャルを最大限に発揮できるよう思い切って様々な仕事を任せ、「あるべき姿」に向けて挑戦できる環境を整えていき、一緒に成長したいと思っております。

  • ENTRY INFO

    採用情報について